m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>発症2~9日なら抗原検査のみで陰性と判断可能に

発症2~9日なら抗原検査のみで陰性と判断可能に

PCR検査と一致率高く、厚労省ガイドライン改定

2020年6月16日 小川洋輔(m3.com編集部)


厚生労働省は6月16日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原検査で陰性となった場合、発症から2~9日であれば、これまで求めていたPCR検査の実施を不要とする事務連絡を発出した。ウイルス量が多い期間であれば抗原検査とPCR検査の結果が一致する可能性が高いことが分かったため、同日、持ち回りで開催した感染症部会で了承を得て、ガイドラインを改定した(資料は厚労省のホームページ)。ガイドラインから抜粋厚労省は5月13日、富士レビオ(東京都)が開発した、イムノクロマト法による新型コロナウイルス抗...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

尾身会長「経済と感染防止の両立、国民的関心」5テーマがカギ 2020/7/6

新型コロナ対応に向け大胆なガバナンス改革を提言-塩崎恭久・自民党行政改革推進本部長に聞く 2020/7/6

政務官が語る「ダイヤモンド・プリンセス」の真実-自見はなこ・厚労政務官に聞く◆Vol.1 2020/7/6

クラスター収束後も求められる医療の役割-山城清二・富山大学附属病院総合診療部教授に聞く◆V... 2020/7/5

第二波備えて備蓄が7割強-マスク欠乏度緊急調査◆Vol.5 2020/7/4

東大児玉名誉教授「感染者は報告の10倍」、新宿・池袋「全員検査を」 2020/7/3

新型コロナ対策分科会、分科会長は尾身氏、18人の構成員決定 2020/7/3

中川日医会長、加藤厚労相と会談、感染対策で「マル適マーク」案も 2020/7/3

院内感染“ゼロ”、訓練と基本の徹底の賜物-検証・自衛隊中央病院◆Vol.2 2020/7/3

「コロナ危機を変革への契機に」小林・規制改革会議議長 2020/7/2

東京は「感染拡大要警戒」、7月2日は107人 2020/7/2

「死ぬかもしれない、子ども達を頼む」永寿総合病院、医師・看護師の手記公表 2020/7/2

京大・山中教授「世界中で我が国の対策に注目」対策評価初会合 2020/7/1

「前のめり」、新型コロナ専門家会議の舞台裏-岡部信彦・構成員に聞く◆Vol.1 2020/6/29

【中国レポート】湖北省支援に赴いたひとりのICUに勤務する男性看護師の10年の物語 2020/6/28

高齢者施設でのクラスター「とにかく介護の手が足りない」-山城清二・富山大病院総合診療部教授... 2020/6/27

【中国レポート】新型コロナで死亡した院長、看護師長の妻は「帰宅する度、胸が痛んで家に入る勇... 2020/6/27

「病院はグロッキー、もうすぐKO」日病協・相澤氏 2020/6/26

新型コロナ対応、延べ1000人以上の医師が清掃や患者搬送を担当-藤田浩二・東京医科歯科大学... 2020/6/26

医師会病院、初診料の算定回数が前年比47.2%減 2020/6/25