m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>薬剤師の調剤行為に関するトラブルと対策

薬剤師の調剤行為に関するトラブルと対策

医師への疑義照会義務違反で薬剤師の過失認定裁判も

2020年7月5日 井上雅弘(弁護士)


Q:薬剤師の調剤行為に関する義務について、教えてください。主に、①処方せんに従った調剤義務、②疑義照会義務、③服薬指導義務(調剤薬の適正使用情報提供義務)に関するものが挙げられます。薬剤師がこれらの義務に違反すると、民事上、刑事上、行政上の責任を追及される可能性が生じます。民事上の責任とは、薬剤師が何らかの義務違反によって患者に健康被害を生じさせた場合、その損害を賠償する責任です。金額は健康被害の程度に応じ、患者が死亡した場合等は数千万円以上となることもあります。刑事上の責任とは、罰金、禁固また...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事