m3.com トップ>医療維新>レポート|安倍政権の医...>医師法「対面原則」解釈見直しを、規制改革推進会議

医師法「対面原則」解釈見直しを、規制改革推進会議

現状維持思考・知識不足でデジタル活用に遅れ、政府に答申へ

2020年6月23日 小川洋輔(m3.com編集部)


政府の規制改革推進会議(議長:小林喜光・三菱ケミカルホールディングス取締役会長)は6月22日、オンラインで会議を開き、無診察治療等の禁止を定めた医師法20条の解釈・運用を見直すよう求める意見書を取りまとめた。「病院・診療所という『場』にとらわれず、画像音声等によるオンライン診療、可搬化可能な診断・治療機器をバックオフィスも含めた業務支援システムの利用と組み合わせることによって、いつでも、どこでも最適の組み合わせで効果的な医療サービスを受けることが可能になる」としている。小林議長は会議後の記者会見...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

安倍政権の医療制度改革に関する記事(一覧

コロナ危機、高齢者2割負担巡り意見対立 2020/7/10

医療は持ち越し「感染症への対応の視点も」全世代型第2次中間報告 2020/6/26

医師法「対面原則」解釈見直しを、規制改革推進会議 2020/6/23

安倍首相「医療のデジタル化、さらに加速を」、経済財政諮問会議 2020/6/22

最終報告は年末、7月に第2回中間報告、全世代型社会保障検討会議 2020/5/23

財政審増田氏「社会保障改革含め、強い意見出していく」 2020/1/28

鈴木・厚労事務次官「全世代型社会保障、“最後の峠”乗り越える処方箋」 2020/1/18

「地域医療構想の実現」、経済財政諮問会議で議論を 2020/1/17

地域医療構想、進捗遅ければ2020年度に知事権限の在り方検討 2019/12/21

2020年度予算案、医療は2.3%増の12兆2674億円 2019/12/20

全世代型中間報告、一般病院も定額負担の検討対象に 2019/12/19

日医会長、改定率0.55%に「落第ではない。ホッとした」 2019/12/18

自民提言「2割負担」「ワンコイン」盛り込まず 2019/12/17

2020年度診療報酬改定、全体で0.46%マイナス 2019/12/17

診療報酬本体は0.55%増で最終調整、ネットではマイナス 2019/12/14

受診時定額負担、自民党内で異論相次ぐ 2019/12/10

麻生財務相「2020年度予算、診療報酬改定が大きな論点」 2019/12/6

全世代型社会保障、中間報告に「患者負担増」求める声相次ぐ 2019/11/26

日医横倉会長「定額負担、容認できない」と直訴 2019/11/26

財政審建議、診療報酬本体マイナス要求 2019/11/25