m3.com トップ>医療維新>レポート>強制不妊手術や被害救済への対応遅れ「深い反省とお詫びの表明を」

強制不妊手術や被害救済への対応遅れ「深い反省とお詫びの表明を」

医学会連合「旧優生保護法の検証のための検討会」報告書

2020年6月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医学会連合の「旧優生保護法の検証のための検討会」は6月25日、報告書をまとめ、医学会連合会長の門田守人氏に提出した。「法改正後においても、強制不妊手術や被害救済に向けて直ちに行動を起こさなかったことに対する深い反省と、被害者およびその関係者に対し、心からのお詫びの表明が求められる」とした上で、将来に向けて社会的に影響が大きい問題に遭遇した際に、学会横断的な医学・医療的判断を検討する組織の発足を提言する内容だ。強制不妊手術などを盛り込んだ旧優生保護法は1948年に成立、1996年に廃止された。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

インデックス(一覧

「骨太の方針2020」(原案)への3つの懸念、日医が見解 2020/7/10

「例がない誠意ある態度」日本医師ユニオン、長崎みなとMC和解で 2020/7/10

33歳男性医師「無念の過労死」と謝罪、長崎みなとメディカルセンター 2020/7/10

“コロナ禍”、「新たな医療」検討の契機、中川日医会長 2020/7/9

コロナ禍の災害、現地派遣の医師「支援控え」に警鐘 2020/7/9

医療機関検索システム、国民は知らない 2020/7/2

新たな分科会「国から日医にまだ説明ない」日医 2020/7/2

強制不妊手術や被害救済への対応遅れ「深い反省とお詫びの表明を」 2020/6/25

「前のめりになった専門家会議」、政府との関係性明確化を提言 2020/6/25

医療従事者への応援メッセージ◆Vol.5 2020/6/19

国がん中央病院、新院長の島田氏「世界最高レベルの医療を提供」 2020/6/16

手術・透析など診療情報、参照可能なシステム構築目指す 2020/6/16

内閣府のAIホスピタル事業が始動、日医が参画 2020/6/12

東京女子医大と医師2人に1500万賠償命じる 2020/6/5

財政審「どのような状況にあっても言うことがある」 2020/6/1

医療従事者への応援メッセージ◆Vol.4 2020/5/29

終末期医療ガイドライン、ACP盛り込みへ見直し、日医 2020/5/28

医療従事者への応援メッセージ◆Vol.3 2020/5/15

レムデシビル、使用決めかねる医師が過半数 2020/5/10

医療従事者への応援メッセージ◆Vol.2 2020/5/1