m3.com トップ>医療維新>医師調査|COVID-...>開業医91.3%収益減、勤務医34.9%収入減、1266人調査 ◆Vol.1

開業医91.3%収益減、勤務医34.9%収入減、1266人調査 ◆Vol.1

受診控え深刻、19.3%は夏季ボーナス減

2020年7月1日 小川洋輔(m3.com編集部)


2020年3月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大や緊急事態宣言の発出は全国の医療機関にさまざまな影響をもたらした。5月以降、感染者数が減少傾向になり、病床などに余裕が出てくる半面、浮き彫りとなってきたのが経営に与える深刻なダメージだ。「このままでは経営破綻で『医療崩壊』が起こりかねない」との声を受け、政府は「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金」を2兆円を超える規模で計上するなど巨額の予算を投じているが、そうした施策で果たして医療機関の経営は維持できるのか。m3....

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事