m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>オーストラリア人GPに日本のコロナ対策について聞いてみた

オーストラリア人GPに日本のコロナ対策について聞いてみた

「最終的な患者の責任はどこへ」、日本のコロナ対応

2020年7月4日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


Dr.レニックオーストラリア人GP(家庭医)、2020年に日本の医師国家試験に合格し、日本とオーストラリアのダブルライセンスを持つバイリンガル医師。現在NTT東日本関東病院で国際診療科、総合診療科で勤務。佐々江:今日はオーストラリアでの診療経験も持つレニック先生に、オーストラリアと日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策についての受け止めをお聞きします。オーストラリアの迅速なCOVID-19への対応に関しては国際的には高い評価を得ており、実際の感染率も継続的に低く抑えられています。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事