m3.com トップ>医療維新>医師調査|COVID-...>東京の開業医19.1%が「患者半減」◆Vol.3

東京の開業医19.1%が「患者半減」◆Vol.3

全国各地で減少も、関東で影響より大きく

2020年7月5日 小川洋輔(m3.com編集部)


6月の外来受診者の増減を地域別に分析すると、受診控えなど患者数の減少は全国的に続いていることが浮き彫りとなった。緊急事態宣言が解除され、徐々に日常生活が戻りつつあるが、診療所の経営は依然として危機に瀕している。Q(開業医)2020年6月の外来患者数は前年同月と比べてどのように変化しましたか。(n=439)外来患者数が減少している割合は、最多の四国(92.4%)から最少の九州(80.6%)まで大きな差はなく、比較的感染者が少ない地域でも患者数の減少は続いていた。ただ、減少幅の大きさは地域ごとに差が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事