m3.com トップ>医療維新>医師調査|COVID-...>持続化給付金「申請」13.7%、「対象になるか不明」23.7% ◆Vol.5

持続化給付金「申請」13.7%、「対象になるか不明」23.7% ◆Vol.5

「要件厳しすぎ」51.3%、制度に不満も

2020年7月12日 小川洋輔(m3.com編集部)


中小事業者を支援する「持続化給付金」制度は、2020年1月以降、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で事業収入が半減した月がある場合に、政府から最大200万円が助成される仕組みだ。中小規模の医療機関も対象となるため、6月の調査時点で開業医の13.7%が給付金を申請していた。ただ、「給付対象となるが申請しない」「対象になるのか分からない」との回答も多く、煩雑な事務手続きなどに対する不満の声が上がった。Q(開業医)持続化給付金は申請しましたか。(n=439)Q(申請した場合)6月20日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事