m3.com トップ>医療維新>医師調査|COVID-...>大学42.2%、公立・公的30.4%、勤務医収入減に格差 ◆Vol.7

大学42.2%、公立・公的30.4%、勤務医収入減に格差 ◆Vol.7

フリーランスは63.7%が収入減

2020年7月31日 小川洋輔(m3.com編集部)


勤務医の34.9%が、2020年5月の収入が前年から減少したと回答(Vol.1参照)。勤務先別に分析すると、特に大学病院で多くの勤務医の収入が減少していた。公立・公的病院では収入減の割合が比較的小さかった。Q(勤務医)2020年5月の常勤先・非常勤先を含めた収入総額は前年同月と比べてどのように変化しましたか。(n=827)◆COVID-19診療の有無と5月収入の増減収入減と答えた割合が最も大きかったのは大学病院の42.2%で、診療所(37.1%)、民間病院(32.4%)、公立・公的病院(30.4...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事