m3.com トップ>医療維新>医師調査|COVID-...>COVID-19診療従事も76.6%「危険手当なし」 ◆Vol.10

COVID-19診療従事も76.6%「危険手当なし」 ◆Vol.10

一時金支給は12.6%、一方で「従事なし」でも8.8%に手当

2020年8月12日 小川洋輔(m3.com編集部)


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染リスクを負いながら、最前線で働く医師に対して、一部の医療機関では独自に危険手当などを支給する動きも出ている。しかし、そうした手当てを受け取ったのは勤務医の17.5%にとどまり、COVID-19診療に従事した医師でも23.4%だった。Q(勤務医)勤務先の医療機関から、COVID-19対応のための独自の危険手当などは支給されますか。(n=827)勤務先で診療に従事した勤務医の76.6%、検体採取に従事した勤務医の70.3%が「支給されない」と回答。支...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事