m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>救急クリニックのPCR検査、陰性97%も徐々に拡大の兆し?

救急クリニックのPCR検査、陰性97%も徐々に拡大の兆し?

開院10年、院長の理念は叶ったか

2020年7月12日 木川英(川越救急クリニック副院長)


6月も終わり7月になりましたが、異常とも普通とも言えない1カ月だった気がします。そのような中、毎年のように言われる「100年に一度」の豪雨。甚大な被害に遭われた九州地方の先生方の気苦労を思うといたたまれなくなりますし、さらに新型コロナウイルス問題もありますので、一筋縄でも二筋縄でもいかない日々とは察しますが、一日でも早い復興をお祈り申し上げます。九州豪雨、死者計56人に今後は東北まで広範囲で大雨避難所生活を余儀なくされる方々が多くいるとは思いますが、体育館や公民館などの避難所も密にならないように...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事