m3.com トップ>医療維新>オピニオン|乳腺外科医準...>乳腺外科医事件の逆転有罪、医師・弁護士の立場から

乳腺外科医事件の逆転有罪、医師・弁護士の立場から

「予想外のトンデモ判決」「極めて強い違和感を抱かざるを得ない」

2020年7月14日 田邉昇(医師、弁護士、中村・平井・田邉法律事務所)


乳がん術後の若い女性患者の胸を診察時に執刀した医師が嘗め回したということで起訴されていた事件の控訴審判決が出た。結果は予想に反して一審の東京地裁2019年2月20日判決を覆し、逆転有罪となっている(『乳腺外科医事件、高裁で逆転有罪、懲役2年』を参照)。検察側の証拠構造は、(1)性的被害を受けたと主張する女性の証言、(2)客観的証拠として、女性の胸にアミラーゼと被告人医師のDNAが検出されたというものである。このような証拠構造で性犯罪を立証するのはいわば検察官のスタンダードであり、痴漢事件などでは...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

乳腺外科医準強制わいせつ逮捕・起訴事件に関する記事(一覧

本当は誰も悪くない-乳腺外科医事件被告の元同僚・友人から 2020/10/15

控訴審判決「医療が回らなくなる」-水沼直樹・乳腺外科医裁判弁護団に聞く◆Vol.3 2020/9/24

医師が「これでは医療ができない」と心配する必要ない-川本瑞紀・乳腺外科医裁判被害者参加弁護... 2020/9/23

科捜研鑑定は証拠として「許容」できるのか-水沼直樹・乳腺外科医裁判弁護団に聞く◆Vol.2 2020/9/22

高裁判決、「具体的かつ迫真的」という部分が独り歩きした-川本瑞紀・乳腺外科医裁判被害者参加... 2020/9/21

高裁判決は専門家証言の「つまみ食い」-水沼直樹・乳腺外科医裁判弁護団に聞く◆Vol.1 2020/9/19

DNA鑑定に関する信用性、地裁は判断ぶれた-川本瑞紀・乳腺外科医裁判被害者参加弁護士に聞く... 2020/9/19

乳腺外科医事件「高裁は数々の証拠を黙殺」 2020/8/31

「科学的な厳密さに議論の余地があるも証言と整合」-乳腺外科医裁判高裁判決文の詳報◆Vol.... 2020/7/28

東京高裁が職権で採用した2人の精神科医の証言-乳腺外科医裁判高裁判決文の詳報◆Vol.5 2020/7/27

女性患者証言「具体的かつ詳細であり、迫真性が高い」-乳腺外科医裁判高裁判決文の詳報◆Vol... 2020/7/26

原審での科学鑑定の評価-乳腺外科医裁判高裁判決文の詳報◆Vol.3 2020/7/25

原審での麻酔覚醒時のせん妄の影響の評価-乳腺外科医裁判高裁判決文の詳報◆Vol.2 2020/7/24

控訴の趣意「一審判決、論理則、経験則等に反する」-乳腺外科医裁判高裁判決文の詳報◆Vol.... 2020/7/23

日医・医学会合同で「改めて強く抗議する」乳腺外科医控訴審判決 2020/7/22

「冤罪判決に強く抗議」、東京保険医協会が乳腺外科医事件で声明 2020/7/18

全国医師連盟「『トンデモ判決』の最たるもの」乳腺外科医控訴審判決 2020/7/16

中川日医会長「身体が震えるほどの怒り」、乳腺外科医控訴審判決 2020/7/15

専門家への不遜な態度(乳腺外科医事件弁護団・趙誠峰氏) 2020/7/15

乳腺外科医事件の逆転有罪、医師・弁護士の立場から 2020/7/14