m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】パリ祭、医療者がコンコルド広場をパレード

【フランス便り】パリ祭、医療者がコンコルド広場をパレード

「コロナ・ニューディール政策がとても楽しみ」

2020年7月15日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


7月14日、フランス革命記念日。日本ではパリ祭の名前で知られている、フランスで最も重要な祝日。1789年、政治犯が収容されていたバスチーユの牢獄が民衆の手によって崩落した日を、フランス革命の始まりの日として祝う日。例年、ルイ16世が処刑されたコンコルド広場と凱旋門をつなぐシャンゼリゼ通りを埋め尽くす一般観客の前を軍の各部隊がパレードする、フランスが軍事を重要としていることをいやでも確認させられる日です。しかし、今年は様相が一変しました。一般観客は無く、場所もコンコルド広場、そして何よりもパレード...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

フランス現地便り(COVID-19)に関する記事(一覧

【フランス便り】パリ祭、医療者がコンコルド広場をパレード 2020/7/15