m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】バカンスと第2波リスクの間で

【フランス便り】バカンスと第2波リスクの間で

「自由・平等・博愛」のフランスならでは

2020年7月27日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


1日の新規感染者数が1000人を超え、重症者数(ICU病床新規入院患者)が83人となった7月24日、ついにフランスも重い腰を上げて空港での検査を開始しました。欧州域内・安全国からの入国は現在もフリー・パスですが、危険国(16カ国=文末※を参照)からの帰国者・フランス居住者には、空港での検温モニターと、任意(8月1日から義務に変更になります)でPCR検査を開始しました。任意の検査を拒否する入国者は、空港で自動的に隔離だそうです。さらに、出国72時間前にPCR検査必要国(陽性の場合は、搭乗できません...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事