m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|COVID-...>マッチングに不利益「柔軟な対応」示して-医学生座談会◆Vol.4

マッチングに不利益「柔軟な対応」示して-医学生座談会◆Vol.4

医療者のやりがい搾取「ひずみさらに大きくなった」

2020年8月23日 司会・まとめ:岩崎雅子(m3.com編集部)


司会:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が続く状況にあって、医学生が置かれている状況を受け、何か国や行政に訴えたいことはありますか。Aさん(首都圏:4年生):CBTやOSCEに関しては感染が起きないように、ある程度の指針・方針を機構から出してもらえると大学側も試験がやりやすいと思うのでお願いしたいです。また、病院見学やマッチングについて不利益がないように大学でそれぞれ柔軟な対応をしてほしいですね。Bさん(近畿:4年生):COVID-19に関してはAさんと同じです。またCOVID-...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事