m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>「念のため」のCT~「本当に必要ですか?」

「念のため」のCT~「本当に必要ですか?」

検査の不利益やリスクについても患者と共有を

2020年8月2日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


「先生はなぜCTを撮らなかったのですか?」そう指摘したのはある病院の紹介先の呼吸器の先生。一呼吸おき、「肺炎の入院患者は基本、全例CTが必要です」ときっぱり言われた。私は長年英国で診療をしてきたが、市中肺炎患者全例に対してCT検査を行っていたわけではなかったため、正直戸惑いがあった。その患者は単純写真で典型的な市中肺炎像を認めたため、臨床的に診断した。リスク評価的には中等症であり、高齢や独り暮らしであることを考慮し入院適応と考え紹介したのだ。結局その医師に言われるがまま、CT検査を行った。CTに...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

佐々江龍一郎の「英国GP、日本に戻る」に関する記事(一覧

患者からのコロナワクチン相談はどう対処? 2021/2/21

“戦時中”の英国、史上最大のワクチン作戦が始動 2021/1/30

「褒めること」をためらう日本の医療文化 2020/12/20

「地図」より「航海」を~医学教育に携わる方々へ 2020/11/21

「海外医学部卒医師は使えない」から発想の転換必要 2020/10/24

日本の新型コロナ対策は「結果オーライ」? 2020/9/12

「念のため」のCT~「本当に必要ですか?」 2020/8/2

オーストラリア人GPに日本のコロナ対策について聞いてみた 2020/7/4

日本で直面した処方をめぐる「3つの壁」 2020/3/8

あなたの境界型糖尿病患者の予防介入は効果的? 2020/1/19

日本での風邪診療の「カルチャーショック」 2019/12/15

外国人患者は「めんどくさい?」、医療にも自己表現を 2019/11/17

薬のフォーミュラリーで医療の標準化を 2019/10/14

医療は「権利」それとも「贅沢なもの」? 2019/9/15

NICEガイドライン、英国の医療、国民、医療政策にまで浸透 2019/8/12

「医療だけに依存しない英国民、平等から公平な医療へ」 2019/6/22

英国GPが感じる「患者中心の医療」が必要な理由 2019/6/8

「病気ではなく患者を治療しろ」人生に関わる英国GP 2019/3/2

20年超の英国生活、それでも日本に戻る理由 2019/2/10