m3.com トップ>医療維新>レポート|医療団体の記...>「社会的規範を大きく逸脱、看過できず」嘱託殺人事件で中川日医会長

「社会的規範を大きく逸脱、看過できず」嘱託殺人事件で中川日医会長

「死を選ぶのではなく、生きることを支える社会を作る」方針表明

2020年7月29日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会会長の中川俊男氏は7月29日の定例記者会見で、ALSの女性患者(当時51)に対する嘱託殺人容疑で2人の医師が逮捕された事件について、「生命を終わらせる行為は医療ではない」と指摘した上で、「医の倫理に照らす以前に、一般的な社会的規範を大きく逸脱している」と述べ、決して看過できないと問題視した。医師の役割は、患者の苦痛に寄り添い、ともに考えることにあるとし、「死を選ばなければいけない社会でなく、生きることを支える社会を作る」との方針を表明。本事件については、どんな視点で関わっていくか、ある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療団体の記者会見・見解に関する記事(一覧

「今歯止めかけないと第1波以上のパンデミックに」全自病・小熊会長 2020/8/6

「社会的規範を大きく逸脱、看過できず」嘱託殺人事件で中川日医会長 2020/7/29

中医協委員の後任に池端幸彦氏を推薦へ、日病協 2020/7/17

「骨太の方針2020」(原案)への3つの懸念、日医が見解 2020/7/10

日医副会長当選の猪口氏、全日病会長も「任期を全う」 2020/7/10

“コロナ禍”、「新たな医療」検討の契機、中川日医会長 2020/7/9

豪雨災害、熊本県医師会はJMAT派遣 2020/7/8

中川・日医会長、前執行部の機能を「3つの視点」で改編 2020/7/1

GLP-1受容体作動薬のやせ薬使用「禁止すべき」日医 2020/6/18

全自病小熊氏、感染症病床「非効率、無駄とされてきた」 2020/5/29

「全てが調整会議で決まる」、3つのグループ別に役割提言 2020/4/23

「全ての医師が全員加盟たる医師会組織に加入を」 2020/4/2

産婦人科医、時間外労働は平均2000時間超 2020/2/19

四病協も「200床」に「怒り、驚き」 2020/1/23

日病協、兼業・副業問題の行方に懸念 2020/1/20

424病院リスト期限延長、「評価したい」全自病会長 2020/1/10

日医横倉会長「子年は医療の在り方を方向付ける年」 2020/1/9

日病協「0.08%、確実に病院を評価」 2019/12/23

日病相澤会長、一般病院での定額負担「おかしい」 2019/12/23

日医横倉会長「国民皆保険の理念守られた」 2019/12/20