m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>「医療に既に悪影響、迅速な対応を」アドバイザリー・ボード

「医療に既に悪影響、迅速な対応を」アドバイザリー・ボード

実効再生産数は東京1.2・関西1.8、「一部地域で感染加速」と警鐘

2020年7月31日 小川洋輔(m3.com編集部)


厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリー・ボード(座長:脇田隆字・国立感染症研究所所長)は7月30日、会合を開き、最近の感染状況について「保健所や医療機関の対応には既に悪影響が生じており、公衆衛生体制および医療提供体制の負荷の軽減を図るため、新規感染者数を減少させるための迅速な対応が求められる状況」とする見解を取りまとめた。会合では、直近の実効再生産数が東京都で1.2、関西3府県で1.8に上るというデータが示され、大阪など「一部地域では、感染拡大のスピードが増しており、憂慮すべき状...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

今夏ECMOセンター開設、九州最多の重症患者受け入れ‐星野耕大・福岡大学病院ECMOセンタ... 2020/9/20

重症化リスク低い無症状者等は入院措置の対象外、WG合意 2020/9/19

イベントの人数制限緩和、評価分かれる 2020/9/19

GoTo東京追加に「2段階にしては」都医 2020/9/17

PCR検査施設、8割の都道府県医師会「増設必要」 2020/9/17

インフルピーク見据え、新型コロナ検査拡充へ 2020/9/16

「歓楽街、感染拡大の急所」今村座長 2020/9/15

加藤厚労相「新内閣、新型コロナ対応が1丁目1番地」 2020/9/15

「GoToトラベル」東京追加は感染状況考慮を、分科会提言 2020/9/12

COVID-19措置運用、10月上旬にも見直しへ 2020/9/11

大学病院、6月やや改善も累積損益は拡大 2020/9/11

COVID-19「致命率・入院後死亡割合は低下」アドバイザリーボード 2020/9/10

医療関係団体、経営の厳しさなど訴える 2020/9/10

「PCR等検査は事後契約でも可、画期的な改善」、中川日医会長 2020/9/9

HER-SYS、「発生届」と「患者の現在のステータス」を必須化 2020/9/9

ワクチンの接種の優先度案、「妥当」が64.1% 2020/9/6

COVID-19ワクチン、健康被害なら「国が救済・損失補償」 2020/9/5

秋以降、発熱者は「まず地域の医療機関に電話」 2020/9/4

インフルワクチンの高齢者優先は「適切」日医 2020/9/3

実効再生産数「1に近い値続く」、アドバイザリーボード 2020/9/2