m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>子宮頸がんワクチン報道名誉毀損訴訟、勝者は誰?

子宮頸がんワクチン報道名誉毀損訴訟、勝者は誰?

医師の知見は社会課題解決に有用、ただし医療以外の職業倫理も大切に

2020年8月9日 大西達夫・MLIP(エムリップ)経営法律事務所弁護士


【質問】m3.com「医療維新」でも度々取り上げていた子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)に関する「ねつ造」報道をめぐる名誉毀損訴訟ですが、勝訴した当事者の上訴が門前払いされるという珍しい経過をたどって終了したそうですね。法律的には何が問題となったのでしょうか。医療分野の専門家による対社会的情報発信が盛んですが、気を付けるべき名誉毀損に関する法的知識を教えてください。【解説】Q.1本件訴訟の事案の概要を教えてください。A.1月刊誌「Wedge」およびウェブマガジン「WEDGEInfinity」(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事