m3.com トップ>医療維新>レポート|第120回日...>「外科手術は最後の砦 自らを鍛えよ」北川慶應大教授・会頭

「外科手術は最後の砦 自らを鍛えよ」北川慶應大教授・会頭

自らの足跡を振り返り「未来の外科学を担う君たちへのメッセージ」送る

2020年8月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


第120回日本外科学会定期学術集会の会頭を務める、慶應義塾大学外科教授の北川雄光氏は8月14日、会頭講演を行った。同集会のメインテーマに揃え、タイトルは「命と向き合い外科医として生きるために」。自身が医師、そして外科医を目指したきっかけから、外科医としての足跡、外科医療の将来展望を語った上で、「未来の外科学を担う君たちへのメッセージ」として、「外科手術は最後の砦後ろには誰もいない自らを鍛えよ」「チーム医療における真のリーダーとなれ」「様々な最先端技術を手にした君たちの栄光の時代が始まる」など5つ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

第120回日本外科学会定期学術集会に関する記事(一覧

「タスクシフトは外科医減少問題の有効な対応策」 2020/8/27

「女性も男性も働き方を平等に選べる制度を」 2020/8/26

「外科手術は最後の砦自らを鍛えよ」北川慶應大教授・会頭 2020/8/15

日本外科学会「横浜宣言2020」を発表 2020/8/15

「SurgicalWeek」構想を提唱、森・外科学会理事長 2020/8/13

若手外科医の苦悩、渇望―今、何を解決すべきか―【第120回日本外科学会学術集会】 2020/8/6

外科医が憧れの存在となるために【第120回日本外科学会学術集会】 2020/8/5

世界を舞台に活躍する外科医たち【第120回日本外科学会学術集会】 2020/8/5

第120回企画のみどころ紹介-北川雄光・外科学会定期学術集会会頭に聞く◆Vol.5 2020/8/5

命を見つめて、それぞれの道を生きる外科医たち【第120回日本外科学会学術集会】 2020/8/4

【おすすめスケジュール】ハイライトは「未来を担う外科医からのメッセージ」 2020/8/3

「命と向き合うことに挑戦」、それこそが外科医の魅力-北川雄光・外科学会定期学術集会会頭に聞... 2020/8/3

【おすすめスケジュール】外科に決めた!でもサブスペは?と悩む医学生・研修医向け 2020/7/29

進歩続ける外科医療、研究テーマは尽きず-森正樹・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.2 2020/7/28

完全Web開催「現地開催にない良さ」追求-北川雄光・外科学会定期学術集会会頭に聞く◆Vol... 2020/7/25

未来の外科医に求められる研究【第120回日本外科学会学術集会】 2020/7/24

自らを磨き,重圧に立ち向かう苦悩と喜び【第120回日本外科学会学術集会】 2020/7/22

「Society5.0」が柱、AIが変える外科医療を展望-北川雄光・外科学会定期学術集会会... 2020/7/17

【おすすめスケジュール】外科?それとも?進路を悩む医学生・研修医向け 2020/7/15

「完全WEB開催」、学会の在り方変わる可能性秘める-森正樹・日本外科学会理事長に聞く◆Vo... 2020/7/15