m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>医療の現場に刑事が踏み込むとき

医療の現場に刑事が踏み込むとき

近時の医療に対する刑事介入の動向と厚労省研究班報告書

2020年9月12日 吉峯耕平(田辺総合法律事務所)


近時、介護分野で批判が大きかった刑事事件として、介護施設「あずみの里」での業務上過失致死被告事件があります。介護を担当した職員(准看護師)がドーナツを配布したところ誤嚥によって入所者が死亡したという事件でしたが、職員が起訴され、一審の東京地裁判決は20万円の罰金刑でしたが、7月28日、東京高裁で逆転無罪となりました(『准看護師、高裁は逆転無罪、「あずみの里」事件』を参照)。もっと注意すれば死亡は避けられたと、後知恵で批難したくなるような事案ではありますが、基本的には、通常の業務を遂行していたとこ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事