m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>医療の現場に刑事が踏み込むとき

医療の現場に刑事が踏み込むとき

近時の医療に対する刑事介入の動向と厚労省研究班報告書

2020年9月12日 吉峯耕平(田辺総合法律事務所)


近時、介護分野で批判が大きかった刑事事件として、介護施設「あずみの里」での業務上過失致死被告事件があります。介護を担当した職員(准看護師)がドーナツを配布したところ誤嚥によって入所者が死亡したという事件でしたが、職員が起訴され、一審の東京地裁判決は20万円の罰金刑でしたが、7月28日、東京高裁で逆転無罪となりました(『准看護師、高裁は逆転無罪、「あずみの里」事件』を参照)。もっと注意すれば死亡は避けられたと、後知恵で批難したくなるような事案ではありますが、基本的には、通常の業務を遂行していたとこ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

弁護士が解説!「医療×法律」の基礎に関する記事(一覧

医療関係紛争のアドバイザーになる場合あれこれ 2021/3/14

医療機関への患者紹介と紹介料の受領の適法性について 2021/2/7

重度認知症の末期がん患者、終末期の意思をどう確認すべきか 2021/1/17

最高裁による初めての「医行為」解釈と該当性基準の定立 2020/12/6

生殖補助医療技術等を巡る規制枠組みについて 2020/11/8

死亡医療事故における損害賠償金額、どう算定するか 2020/10/4

医療の現場に刑事が踏み込むとき 2020/9/12

子宮頸がんワクチン報道名誉毀損訴訟、勝者は誰? 2020/8/9

薬剤師の調剤行為に関するトラブルと対策 2020/7/5

「異状死体の届出義務」、診療中の患者死亡にも生じるか? 2020/6/7

外国人診療、法律ではどうなる? 2020/4/5

「分院の院長」、医療法人の理事になる必要性は?責任は? 2020/3/8

再生医療法違反で医師が逮捕 2020/1/16

解雇した職員から解雇無効の訴えがあったとき 2020/1/5

乳腺外科医事件の経緯と教訓、刑事弁護人の立場から 2019/12/1

再生医療・臨床研究と倫理審査委員会の法的責任 2019/11/2

彫り師のタトゥー、医師法違反に当たるか? 2019/10/6

患者の口コミ、Webでの掲載は広告に当たるか? 2019/9/15

応召義務とは何か、どんな時に診療拒否ができるのか? 2019/9/1