m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>日本の新型コロナ対策は「結果オーライ」?

日本の新型コロナ対策は「結果オーライ」?

国民の信頼獲得が課題

2020年9月12日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


「なぜ日本はこんなに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者数や死者数が少ないのだろうか?」。久しぶりにZoomで話した英国での研修医時代の同僚は、唐突に私に聞いてきた。日本政府は英国などと比較し、大規模な検査や施策を打ち出していないにもかかわらず、感染対策は比較的うまくいっている印象があるからだ。その彼によると、海外のメディアは今回の日本のCOVID-19対策はやや皮肉が漂う「日本の奇跡」「日本の謎」と呼んでいるようだ。日本の人口当たりの死者数は欧米諸国と比較して低く、早い段階から...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事