m3.com トップ>医療維新>医師調査|コロナ禍の働...>非感染症専門医の3割強がCOVID-19対応兼務 ◆Vol.2

非感染症専門医の3割強がCOVID-19対応兼務 ◆Vol.2

専門医は半数近くが勤務時間増加

2020年9月13日 水谷悠(m3.com編集部)


Q:COVID-19流行開始後、これまでに通常と違う業務を担いましたか。(対象は感染症専門医でない医師965人)31.1%が「兼務でCOVID-19対応に従事」と回答、専門医でないが100%COVID-19対応に従事した医師も1.2%とわずかながらいた。直接の対応ではないが、通常とは違う業務を担当した医師も9.7%。「その他」では発熱外来の担当や入院患者のスクリーニング検査、それに伴う検体採取、臨時の対策委員会への出席などの回答があった(主な回答一覧は下記に掲載)。Q:国内で感染が拡大していた3...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事