m3.com トップ>医療維新>医師調査|検証:安倍政...>安倍政権下の厚労相「誰も評価できない」65.0% ◆Vol.2

安倍政権下の厚労相「誰も評価できない」65.0% ◆Vol.2

医療政策、官邸よりも「厚労省が主導を」56.5%

2020年9月15日 小川洋輔(m3.com編集部)


安倍政権(第2次内閣以降)では、田村憲久氏、塩崎恭久氏、加藤勝信氏、根本匠氏の4人が厚生労働大臣を務めたが、医師の65.0%は「誰も評価できない」と厳しい回答を寄せた。高く評価する厚労相として、最も多く名前が挙がったのは、塩崎氏(17.3%)で、加藤氏(10.3%)が続いた。在任期間が長い両氏が比較的評価されるかたちとなった。医療政策を進める上で「官邸主導」「厚労省主導」のどちらがいいか尋ねたところ、厚労省(56.5%)が官邸(43.5%)をやや上回った。Q第2次安倍内閣以降の厚生労働大臣で最も...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事