m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】レジリエンスに弱いフランス人の出口戦略は?

【フランス便り】レジリエンスに弱いフランス人の出口戦略は?

頼みの綱は「マスクとPCR検査の徹底」

2020年9月18日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


久しぶりにフランスからのニュースを寄稿させていただきます。この間、書きたいことは山ほどあったのですが、どうしても批判になってしまうのでマスク、蟻とキリギリスを思わせるようなバカンス、陽性者数激増、接触アプリの利用率3.5%……と静観していました(外国人が住ませていただいている国や、遠く離れた母国の批判をするのがあまり好きではないので、できれば、両国の良い点に着目して書きたいと思う故です。わがままお許しください)。さて、フランスの遺伝子医学博士で著述家でもあるアクセル・カーン氏は、現代社会において...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事