m3.com トップ>医療維新>レポート|社会保障審議...>全世代型社会保障「新型コロナ影響、考慮を」

全世代型社会保障「新型コロナ影響、考慮を」

社保審医療保険部会、年内取りまとめへ議論再開

2020年9月16日 小川洋輔(m3.com編集部)


社会保障審議会医療保険部会(部会長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)が9月16日開かれ、新政権の下で2020年末までに取りまとめられる見通しの全世代型社会保障を巡って意見が交わされた。後期高齢者の窓口負担の引き上げなどを巡っては、従来通り、医療者と保険者の意見が対立。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を見定めるよう求める声も相次いだ。全世代型社会保障検討会議と並行し、医療保険部会でも年内に議論を取りまとめる方針だ(資料は、厚労省のホームページ)。菅義偉首相は安倍政権の方針を継承...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事

社会保障審議会に関する記事(一覧

全世代型社会保障「新型コロナ影響、考慮を」 2020/9/16

地域医療構想、新型コロナ勘案で検討も 2020/8/25

マイナンバーカードの保険証利用、普及率に懸念 2020/6/19

金融資産反映した負担の在り方に賛否、医療保険部会 2020/3/27

外来機能の明確化、検討スケジュールや内容に疑義続出 2020/3/23

値上げで患者の行動変わるのか?紹介状なし受診時定額負担 2020/3/13

後期高齢者窓口負担「原則2割」か「原則1割」か 2020/2/27

「2022年へ医療保険制度改革に残された時間ほとんどない」 2020/2/3

「外来機能の明確化、かかりつけ医機能の強化」議論開始へ 2020/1/29

定額負担「一般病院200床以上」に不満噴出、医療部会 2020/1/20

医師の働き方改革「健康は確保、収入は確保できず」、地域医療への影響も 2019/12/9

「医師等の働き方改革」が重点課題、2020年度改定の基本方針案了承 2019/12/9

診療報酬改定方針を了承、働き方「重点」に 2019/11/28

診療報酬改定、「働き方」巡り対立埋まらず 2019/11/21

看護職2025年に6万~27万人不足、地域、領域別の偏在大 2019/11/19

地域医療構想「民間データは公立と同じ指標か、変えるべきか?」 2019/11/18

厚労省、医療部会に2020年度改定の基本方針(骨子案)提示 2019/11/18

診療報酬改定、重点課題巡り意見対立、医療保険部会 2019/11/1

2020年度改定、「医師等の働き方改革」を重点課題に 2019/10/21

医療保険制度、「給付と負担」議論を加速化 2019/9/27