m3.com トップ>医療維新>レポート|菅政権の医療...>菅首相「悪しき前例主義を改め、規制改革を全力で進める」

菅首相「悪しき前例主義を改め、規制改革を全力で進める」

新政権発足後、初の会見、最優先は新型コロナ対策

2020年9月16日 橋本佳子(m3.com編集長)、岩崎雅子(m3.com編集部)


菅義偉首相は9月16日、新内閣発足後、初の記者会見で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を最優先課題に挙げるとともに、「悪しき前例主義を改め、規制改革を全力で進める。国民のために働く内閣を作る」と述べ、「規制改革をこの政権のど真ん中に置く」と表明した。COVID-19については、年初来の経験を生かし、メリハリの利いた感染対策を行い、「欧米諸国のような爆発的な感染拡大は絶対に阻止する」と語気を強めた。今後、検査体制を充実させ、必要な医療体制を確保するほか、来年前半までに全国民に行き渡...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事