m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>死亡医療事故における損害賠償金額、どう算定するか

死亡医療事故における損害賠償金額、どう算定するか

高齢者死亡の場合の慰謝料額に関する新しい議論について

2020年10月4日 末石倫大(平沼高明法律事務所)


【はじめに】診察・看護等を行うにあたって、特に総合病院等では、日常、患者が死亡退院する場合は少なくないものと思われます。しかしながら、それが医療従事者の過失(医療過誤)によって死亡させてしまったという場合には(または、そのように遺族に主張された場合には)、我々のような法律家が登場する場面となります。医師や看護師等の医療従事者が、診療・看護等を行うにあたって、過失(医療過誤)によって患者を死亡させてしまった場合、民法の規定に従って、遺族に対して「損害」を賠償する義務を負うこととなるからです。過失(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事