m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】「ぼくのコロナ旅行記」ニュージーランド、日本、フランス

【フランス便り】「ぼくのコロナ旅行記」ニュージーランド、日本、フランス

「日本が一番だね。どの国も日本をお手本にすれば良いのに」

2020年10月3日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


2019年秋、18歳で大学入学の通知を受けた後、1年間、休学をしてニュージーランドに旅立った愚息。大自然に囲まれてラグビーと英語を学び、のびのびと過ごしていたところに、予想だにしなかった事態急変により3月26日から7週間、世界でも最も厳しいロック・ダウン生活を経験。8月にわずか4人の家族内新規陽性者発生を受けて再びロック・ダウンが決定される寸前、日本に出発。2週間の隔離期間を経た後、日本の私の両親、親戚、周囲の方々からも、どこでも温かく迎え入れられ、楽しく日本の夏を過ごしました。「彼の大好きな日...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事