m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>【愛知】性分化疾患に複数診療科と多職種で取り組む‐濱島崇・あいち小児保健医療総合センター内分泌代謝科医長に聞く◆Vol.1

【愛知】性分化疾患に複数診療科と多職種で取り組む‐濱島崇・あいち小児保健医療総合センター内分泌代謝科医長に聞く◆Vol.1

2020年10月16日 m3.com地域版


性の分化が先天的に非定型である性分化疾患。患者が生涯にわたって抱えていくこの疾患を、複数の診療科や多職種のチーム医療で支えるあいち小児保健医療総合センター(大府市)の取り組みについて、同センター内分泌代謝科医長の濱島崇氏に聞いた。(2020年8月25日インタビュー、計2回連載の1回目)▼第2回はこちら濱島崇氏(あいち小児保険医療総合センター内分泌代謝科医長)――性分化疾患(DSD)とは、どんな疾患ですか。染色体、性腺、または解剖学的性が先天的に非定型である状態を指します。DisordersofS...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【熊本県】医師25.0%がこの冬を「乗り切れる」◆vol.1 2020/11/30

【兵庫県】医師31.3%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【大阪府】医師26.6%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【京都府】医師33.7%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【愛知県】医師28.2%がこの冬を「乗り切れる」◆Vol.1 2020/11/30

【静岡県】医師28.4%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【沖縄県】医師34.5%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【鹿児島県】医師44.1%がこの冬「乗り切れる」 2020/11/30

【宮崎県】医師19.0%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【大分県】医師30.8%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【長崎県】医師25.7%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【佐賀県】医師52.4%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【福岡県】医師38.6%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【高知県】医師44.4%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【愛媛県】医師35.9%がこの冬「乗り切れる」 2020/11/30

【香川県】医師21.1%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【徳島県】医師31.6%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【山口県】医師35.3%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【広島県】医師31.3%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30

【岡山県】医師33.3%がこの冬を「乗り切れる」 2020/11/30