m3.com トップ>医療維新>インタビュー|乳房健康研究...>「ブレスト・アウェアネス」を目指した20年 - 福田護・認定NPO法人乳房健康研究会理事長に聞く◆Vol.1

「ブレスト・アウェアネス」を目指した20年 - 福田護・認定NPO法人乳房健康研究会理事長に聞く◆Vol.1

ピンクリボン運動などを通じた啓発活動を展開

2020年10月23日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


乳がんに関する正しい情報の発信をはじめ、早期発見のための環境づくりを目的に2000年5月に発足した乳房健康研究会が、今年20周年を迎えた。この11月3日には記念事業をWEB開催する。当初は任意団体、NPO法人、その後に認定NPO法人に発展。今では多くが知るようになった乳がんの疾患啓発の象徴である「ピンクリボン」の認知を高めたのも、本研究会の貢献によるところが大きい。2000年の設立時から本研究会に関与し、現在は理事長を務める福田護氏(聖マリアンナ医科大学附属研究所ブレスト&イメージング先端医療セ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事