m3.com トップ>医療維新>レポート|新型コロナウ...>全国の実効再生産数「1を上回る」アドバイザリーボード

全国の実効再生産数「1を上回る」アドバイザリーボード

9月4連休の影響か、沖縄・北海道で高水準、地域でバラツキも

2020年10月14日 小川洋輔(m3.com編集部)


厚生労働省の新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード(座長:脇田隆字・国立感染症研究所長)は10月13日、第10回会合を開き、全国の実効再生産数が「直近で1を上回る水準となっており、留意が必要」とし、注意を呼びかけた。各地の人出が増加したと指摘される9月の4連休の後、北海道、埼玉県、沖縄県などで感染者数が増加している一方、都市部でも増加していない地域もあるため、クラスターの発生状況などの分析を今後進める(資料は、厚労省のホームページ)。(アドバイザリーボードの資料)非公開で行われた会合の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報 に関する記事(一覧

オンライン初診「原則として反対」日病 2020/10/26

医療機関クラスター「職員の休憩室、リハビリ」に注意、分科会で報告 2020/10/24

入院・重症者数「直近では増加に」、アドバイザリーボード 2020/10/22

武漢チャーター機対応、院内外の不安払拭に奔走、亀田総合・細川医師 2020/10/22

医学生の9割、コロナ禍で臨床実習に制限、医学連調査 2020/10/20

相模原中央病院「報道過熱で風評被害」、政府WGで報告 2020/10/19

「増加と減少が拮抗」クラスター多様化に警鐘、新型コロナ分科会 2020/10/16

患者・職員等564人にPCR検査、「収束宣言」-等潤病院に学ぶCOVID-19院内感染対応... 2020/10/16

大学病院「累積損益が拡大」、AJMC7月経営調査 2020/10/15

埼玉県知事・県医師会長が対談で発熱患者の対応医療機関公募をPR 2020/10/15

「発熱患者対応機関、できるだけ多く」日医 2020/10/15

診療・検査医療機関の指定「全かかりつけ医が取って」都医 2020/10/14

全国の実効再生産数「1を上回る」アドバイザリーボード 2020/10/14

「数理モデル研究からうかがえる高齢者の著しい行動変容」西浦京大教授 2020/10/12

「日本は成功組」、進藤氏がWHOの評価紹介 2020/10/12

定点医療機関で新型コロナサーベイランス、三重で試行 2020/10/10

PCR検査で本庶氏と西浦氏が激論、京大が新型コロナ緊急シンポ 2020/10/10

「泥縄だけど結果オーライ」民間臨調が政府新型コロナ対応を検証 2020/10/8

記者会見で自ら院内感染を公表した訳-等潤病院に学ぶCOVID-19院内感染対応◆Vol.2 2020/10/6

新型コロナワクチン、国が全額費用負担、予防接種法改正へ 2020/10/2