m3.com トップ>医療維新>レポート|菅政権の医療...>オンライン診療「安全性と信頼性の担保が必須条件」、中川日医会長

オンライン診療「安全性と信頼性の担保が必須条件」、中川日医会長

「3大臣合意」でも日医のオンライン診療のスタンスは不変

2020年10月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会会長の中川俊男氏は10月14日の定例記者会見で、オンライン診療について、「安全性と信頼性が必須条件であり、有効性も担保される必要がある」と強調し、かかりつけ医やかかりつけ医機能を基軸として進めていくべきとの考えを表明した。「初めての診療の場合、患者も、医師も非常に不安だというのは共通の認識だろう。かかりつけ医を基軸として安全性、信頼性を担保することが自然の流れになることを期待している」(中川会長)。中川会長は、10月8日の「3大臣合意」によっても、日医のオンライン診療に関するスタンスは...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

菅政権の医療・社会保障政策に関する記事(一覧

オンライン診療「後ろ向きの人集めても」河野大臣 2020/10/21

「医療機器プログラム開発、日本がリードを」河野大臣 2020/10/19

成長戦略会議が初会合、今年末に「中間とりまとめ」 2020/10/16

「不妊治療の保険適用工程表、今年末までに」全世代型会議 2020/10/15

オンライン診療「安全性と信頼性の担保が必須条件」、中川日医会長 2020/10/14

「給付の増嵩が財政悪化の最大要因」財務省 2020/10/9

オンライン診療・服薬指導「恒久化」打ち出す、規制改革推進会議 2020/10/7

国際往来・オリパラで「経済回復を」経済財政諮問会議 2020/10/7

「新しい価値を生み出す規制改革をやっていく」河野大臣 2020/10/1

感染症分野で大幅増額、研究開発予算1041億円に、文科省 2020/9/30

新型コロナ関係の額は別途、厚労省2021年度予算概算要求 2020/9/30

HPVワクチン「国民の理解が得られていない」田村厚労相 2020/9/18

田村厚労相、オンライン診療の課題「点数と安全性」 2020/9/17

平井デジタル担当相、オンライン診療「新常態として定着しつつある」 2020/9/17

「菅首相の手堅い運営を期待」中川日医会長 2020/9/17

西村担当相再任、新型コロナ対応「この1カ月が勝負」 2020/9/17

菅首相「悪しき前例主義を改め、規制改革を全力で進める」 2020/9/16