m3.com トップ>医療維新>レポート|菅政権の医療...>「不妊治療の保険適用工程表、今年末までに」全世代型会議

「不妊治療の保険適用工程表、今年末までに」全世代型会議

「少子化対策は国難という言うべき課題」が基本的考え

2020年10月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


菅義偉首相は、10月15日の全世代型社会保障検討会議で、「当事者の気持ちに寄り添いつつ、出産を希望する世帯を広く支援し、ハードルを少しでも下げていくために、不妊治療への保険適用を早急に検討し、本年末に工程を明らかにする。また保険適用までの間は、現行の助成措置を大幅に拡充する」との方針を表明した。会議後の会見で、議長代理の西村康稔・全世代型社会保障改革担当相は、「不妊治療の保険適用について反対はなく、共通の認識としてお持ちだ。できるだけ早急に適用するという方針があるので、それを基に工程表を作成して...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

菅政権の医療・社会保障政策に関する記事(一覧

オンライン初診、「過去12カ月に受診歴」で議論 2020/11/13

2割負担「高齢者に追い打ち」対象拡大をけん制、日医 2020/11/9

患者への傷病名公表「告知を前提に仕組み検討」 2020/11/6

オンライン診療、厚労省検討会で恒久化に向け議論開始 2020/11/4

顔認証でオンライン資格確認、20秒で完了【動画付き】 2020/11/3

医療機関の経営悪化、要因は「一時的な受診控え」財務省 2020/11/2

レセプトの「不合理な差異」解消を議論、厚労省検討会 2020/10/31

看護師の特定行為が広告可能に、働き方改革と併記 2020/10/29

NIPT無認定施設に「罰則なり国の方針を」 2020/10/29

オンライン診療「後ろ向きの人集めても」河野大臣 2020/10/21

「医療機器プログラム開発、日本がリードを」河野大臣 2020/10/19

成長戦略会議が初会合、今年末に「中間とりまとめ」 2020/10/16

「不妊治療の保険適用工程表、今年末までに」全世代型会議 2020/10/15

オンライン診療「安全性と信頼性の担保が必須条件」、中川日医会長 2020/10/14

「給付の増嵩が財政悪化の最大要因」財務省 2020/10/9

オンライン診療・服薬指導「恒久化」打ち出す、規制改革推進会議 2020/10/7

国際往来・オリパラで「経済回復を」経済財政諮問会議 2020/10/7

「新しい価値を生み出す規制改革をやっていく」河野大臣 2020/10/1

感染症分野で大幅増額、研究開発予算1041億円に、文科省 2020/9/30

新型コロナ関係の額は別途、厚労省2021年度予算概算要求 2020/9/30