m3.com トップ>医療維新>オピニオン|フランス現地...>【フランス便り】フランスの9都市、再びロック・ダウンへ

【フランス便り】フランスの9都市、再びロック・ダウンへ

保健大臣らの家宅捜索も、刑事事件に発展か?

2020年10月16日 奥田七峰子(日本医師会総合政策研究機構フランス駐在研究員)


10月14日夜、フランスのエマニュエル・マクロン大統領はテレビで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受け、2回目のロック・ダウンを発表しました。今週の土曜日(10月17日)0時から12月1日までの6週間、パリ、リヨン、マルセイユ、グルノーブル、ルーアン、リール、トゥルーズ、モンペリエ、サント・エチエンヌの国内9つの都市で、夜の21時から翌朝6時までのロック・ダウンになります。エッセンシャル・ワーカー以外の人の外出は無論禁止ですが、家の中での集まりも6人までに制限されました。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事