m3.com トップ>医療維新>インタビュー|著者インタビ...>医師は患者が不確実性に耐える時に伴走する存在- 大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆Vol.2

医師は患者が不確実性に耐える時に伴走する存在- 大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆Vol.2

治験が少なく、民間療法が受け皿になっている

2020年10月27日 聞き手・まとめ:星野桃代(m3.com編集部)


【大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く】Vol.1患者の不安と心配を解消して初めて本音が聞き出せるVol.2医師は患者が不確実性に耐える時に伴走する存在――これまで診てきた患者さんで、標準治療をやめて民間療法に移った方はいましたか。黙って民間療法に行かれてしまった例は把握できていませんが、一度患者さんから直接報告を受けたことはあります。悪性黒色腫(メラノーマ)の若い患者さんでした。転移があり、抗がん剤治療もしていましたが、何百万円もかかる民間療法に移ってしまいました。――著書でも書かれていたよう...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

著者インタビューに関する記事(一覧

医師の権限も責任も過大…AI医師法が必要-奥真也・埼玉医科大客員教授に聞く◆Vol.2 2020/11/23

「転校生」が伝える医療界の「びっくり」-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.3 2020/11/22

女性医師の抱える「もやもや」を言葉にする-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.2 2020/11/15

「2030年、感染症の脅威から解放」未来年表を上梓-奥真也・埼玉医科大客員教授に聞く◆Vo... 2020/11/14

主婦・編集者を経て医師になり見えたもの-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.1 2020/11/12

使命感だけで飛び出すのは「止めた方が良い」-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.3 2020/11/8

B.C.(BeforeCorona)からA.C.(AfterCorona)へ-邉見公雄・全... 2020/11/7

無借金でクリニック開業、診療報酬月50万円でも大丈夫-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋... 2020/11/5

「医療者は環境の力を軽く見ているのでは」-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.2 2020/11/2

1行1句に臨場感あふれる最前線のコロナ記録-邉見公雄・全自病名誉会長に聞く◆Vol.2 2020/11/1

医師が「医療経済ジャーナリスト」になった理由-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋之氏に聞... 2020/10/30

「孤立」にできる処方は何か-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.1 2020/10/28

医師は患者が不確実性に耐える時に伴走する存在-大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆Vol... 2020/10/27

東京の「7密」、新型コロナで露呈-邉見公雄・全自病名誉会長に聞く◆Vol.1 2020/10/25

日本のコロナ対策「バランスの悪さが目立つ」-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋之氏に聞く... 2020/10/24

患者の不安と心配を解消して初めて本音が聞き出せる-大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆V... 2020/10/23

政治は検証性が第一、記録破棄は焚書坑儒-海堂尊氏に聞く◆Vol.3 2020/10/18

政権・行政批判は納税者の当然の権利-海堂尊氏に聞く◆Vol.2 2020/10/9

『コロナ黙示録』、緊急事態宣言発出時に構想浮上-海堂尊氏に聞く◆Vol.1 2020/10/3

医師は「絶対」を背負う立場か、「健康は現代の神」-大脇幸志郎氏に聞く◆Vol.2 2020/7/25