m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修マッ...>大都市圏の研修医割合、過去最低41.12%に

大都市圏の研修医割合、過去最低41.12%に

2020年度医師臨床研修マッチング最終結果

2020年10月22日 星野桃代、岩崎雅子(m3.com編集部)


2021年4月からの初期臨床研修先を決める2020年度医師臨床研修マッチングの最終結果が10月22日に発表され、大都市部の6都府県(東京、神奈川、愛知、京都、大阪、福岡)のマッチ者数は3647人(2019年度3758人)で、全体(8869人)に占める割合は前年度から0.44ポイント減の41.12%となり、過去最低を記録した2017年度(41.14%)をわずかに下回った。少し持ち直した2018年度と2019年度と比べてやや下がっており、集中を防ぐための募集定員上限設定の効果が見られていると言える。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

臨床研修マッチングに関する記事(一覧

大学人気低下傾向が続く、マッチ率100%は11大学 2020/10/22

大都市圏の研修医割合、過去最低41.12%に 2020/10/22

医師臨床研修マッチング結果2020 2020/10/1

武蔵野日赤、1位に躍進-2020年度マッチング中間 2020/9/25

東大、2年ぶり1位─2020年度マッチング中間 2020/9/25

大学病院本院が激減、マッチ率100%は10大学 2019/10/18

奈良県、マッチング史上初の定員充足率100%、大都市圏は微増 2019/10/18

医師臨床研修マッチング結果2019 2019/9/25

虎の門病院、2年連続1位-マッチング中間 2019/9/20

東京医科歯科大、2年ぶり1位―2019年度マッチング中間 2019/9/20

研修医が集まる「レジ室」の秘密とは-済生会横浜市南部病院◆Vol.2 2019/3/23

「マッチング倍率で躍進」の真実-済生会横浜市南部病院◆Vol.1 2019/3/23

マッチ率100%は11大学、大学人気低下傾向続く 2018/10/19

6都府県の研修医割合、下げ止まり、2018年度マッチング最終 2018/10/18

初期研修医も入職1週間でER当直-さいたま赤十字病院 2018/10/17

マッチング中間で大躍進の獨協医大、「ぶっとびHP」奏功 2018/10/13

医師臨床研修マッチング結果2018 2018/9/28

1位虎の門、2位聖路加、3位関東労災2018マッチング中間 2018/9/23

東大5年ぶり1位、東京医科歯科大が2位、2018マッチング中間 2018/9/21

マッチ率100%は10大学、大学人気下げ止まらず 2017/10/21