m3.com トップ>医療維新>インタビュー|乳房健康研究...>次なる10年、「果実が実る時」- 中村清吾・昭和大乳腺外科教授に聞く◆Vol.2

次なる10年、「果実が実る時」- 中村清吾・昭和大乳腺外科教授に聞く◆Vol.2

電子カルテ共有で病診の役割分担とネットワーク化へ

2020年10月28日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


【中村清吾・昭和大乳腺外科教授に聞く】Vol.1昭和大乳がん手術、10年で10倍に増加Vol.2次なる10年、「果実が実る時」Vol.3乳房健康研究会シンポ、乳がん検診の進化探る――手術件数が約10倍に増えたとのことですが、それを担う医師はどのくらい増えたのでしょうか。今、毎年何人くらい入局されるのですか。2020年度の入局は6人。2021年度も4、5人の予定です。医学部4年生の時に臨床実習で乳腺外科を回る。卒業して2年間は初期臨床研修。診療科を選ぶのはそれからですが、まずは基本領域の専門研修を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事