m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>withコロナ時代、誰から感染したかは無意味では

withコロナ時代、誰から感染したかは無意味では

感染したスタッフ、特段の症状も無く復帰

2020年10月25日 木川英(川越救急クリニック副院長)


秋もそろそろ終わりに近づき、「いつもと違う」冬が始まろうとしています。10月に入ってインフルエンザの予防接種が始まったかと思えば、在庫切れの医療機関も多数あり、マスクやハンドソープ、うがい薬など必要そうなものを取り合う本能むき出しの行動は今年のトレンドですね。当救急クリニックにおいては、例年ですと、インフルエンザワクチンを破格の価格で提供していましたし、院長の愛してやまないプロ野球ソフトバンクホークスが優勝した際には優勝セールなんて医療機関らしからぬ行動をしていましたが、今年はそれも困難な状況に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事