m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>withコロナ時代、誰から感染したかは無意味では

withコロナ時代、誰から感染したかは無意味では

感染したスタッフ、特段の症状も無く復帰

2020年10月25日 木川英(川越救急クリニック副院長)


秋もそろそろ終わりに近づき、「いつもと違う」冬が始まろうとしています。10月に入ってインフルエンザの予防接種が始まったかと思えば、在庫切れの医療機関も多数あり、マスクやハンドソープ、うがい薬など必要そうなものを取り合う本能むき出しの行動は今年のトレンドですね。当救急クリニックにおいては、例年ですと、インフルエンザワクチンを破格の価格で提供していましたし、院長の愛してやまないプロ野球ソフトバンクホークスが優勝した際には優勝セールなんて医療機関らしからぬ行動をしていましたが、今年はそれも困難な状況に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

Dr.木川の「川越救急クリニックから見えた医療の現実」に関する記事(一覧

20-30件受け入れ困難事案が連日発生、埼玉の救急医療は崩壊始まる 2021/1/30

救急クリニック、コロナ禍で患者数や患者単価が過去最大 2020/12/26

withコロナ時代、誰から感染したかは無意味では 2020/10/25

クリニックスタッフに新型コロナ陽性者、患者が半減 2020/9/1

救急クリニックのPCR検査、陰性97%も徐々に拡大の兆し? 2020/7/12

診療所経営、PCR検査委託で壊滅状況から脱却 2020/6/7

病院の再編統合「一番のネックは我々医師の扱いか」 2020/1/26

応召義務、患者ごとに個別に対応する必要がある? 2019/12/8

医師は「当直」を理解しているか 2019/10/13

無給医として働く側、『何か』があるのか 2019/8/25

実効性ある地域枠制度はどうすればいい? 2019/6/23

医師の働き方改革「将来に丸投げ」に幻滅 2019/4/20

救急車はSNS映え?モラルない利用をどうするべきか 2019/3/10

医学部に入る最終的な学力が高校の勉強で良いのか 2019/1/14

インフル治療、「何も処方しない」を実践できるか 2018/11/26

未曾有の災害時の医療について考える 2018/10/21

救急クリニックから見るマスメディアの医療報道 2018/9/16

実感とは異なる「地域間医療格差がない日本」 2018/8/10

医師が過剰になるって本当?救急現場からの疑問 2018/7/3

救急クリニックからみた川越、そして埼玉の医療 2018/6/11