m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>医師4割、複数勤務先の時間外上限「年1860時間より短縮を」

医師4割、複数勤務先の時間外上限「年1860時間より短縮を」

「退勤時間の虚偽報告強制されている」「診療報酬で是正を」

2020年10月27日 星野桃代(m3.com編集部)


9月30日に開かれた厚生労働省の検討会で、時間外労働時間の上限として、本務先と副業・兼業先の合計を年1860時間とする「地域医療確保暫定特例水準」(B水準)の新類型が提案され、構成員からは概ね肯定的な意見が相次いだ(『副業・兼業先合わせて年1860時間のB水準提案、厚労省』参照)。複数の医療機関で勤務する場合の時間外労働の上限として、医師の41.1%が「年間合計1860時間より短くすべきだ」と答え、「適切だ」「1860時間より長くすべきだ」の合計30.9%を10.2ポイント上回った。Q.複数の医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

患者からの暴言等に、勤務医約2割が通報経験 2021/2/21

新規感染者数の減少スピード、評価分かれる 2021/2/20

医師の仕事、10代に「勧める」と「勧めない」拮抗 2021/2/9

慰労金、勤務医67.4%「20万」、開業医49.7%「5万」 2021/2/6

来年の成人式、医師4割弱「成人の日以外に開催すべき」 2021/1/31

医師6割超、宣言解除目安は「ステージII以下が適切」 2021/1/26

コロナ対応、法改正による規制強化、賛否分かれる 2021/1/25

患者からのセクハラ、女性医師の6割が「ある」、男性医師も被害 2021/1/24

医師多数「政府の行動が遅い!」、2回目の緊急事態宣言で◆Vol.2 2021/1/15

医師8割、緊急事態宣言下の措置「甘い」◆Vol.1 2021/1/13

英以外も入国制限「強化すべき」が圧倒的多数 2021/1/12

医師に不戦協定?ポリファーマシー対策の課題とは◆Vol.2 2021/1/11

医師34.9%「ポリファーマシー対策は手探り」◆Vol.1 2021/1/5

医師65.1%が「新型コロナで医療逼迫感じる」 2020/12/30

医師の約6割が「会食していない」 2020/12/30

医療機関の機能分化、「制度的な強制力を」「地域の実情も考慮を」◆Vol.2 2020/12/27

医師30.4%「1万円以上」、紹介状なしで病院受診時の定額負担◆Vol.1 2020/12/25

年末年始に帰省予定の医師、前年の半数に 2020/12/22

医師75%「GoToトラベルが感染拡大させた」 2020/12/7

臨床研修医の時間外上限、若手医師の4割「年960時間にすべき」 2020/12/1