m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>医師4割、複数勤務先の時間外上限「年1860時間より短縮を」

医師4割、複数勤務先の時間外上限「年1860時間より短縮を」

「退勤時間の虚偽報告強制されている」「診療報酬で是正を」

2020年10月27日 星野桃代(m3.com編集部)


9月30日に開かれた厚生労働省の検討会で、時間外労働時間の上限として、本務先と副業・兼業先の合計を年1860時間とする「地域医療確保暫定特例水準」(B水準)の新類型が提案され、構成員からは概ね肯定的な意見が相次いだ(『副業・兼業先合わせて年1860時間のB水準提案、厚労省』参照)。複数の医療機関で勤務する場合の時間外労働の上限として、医師の41.1%が「年間合計1860時間より短くすべきだ」と答え、「適切だ」「1860時間より長くすべきだ」の合計30.9%を10.2ポイント上回った。Q.複数の医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

m3.com意識調査に関する記事(一覧

医師32%、新型コロナワクチン接種を希望 2020/11/25

医師3割「新型コロナで困窮し受診控えた患者いた」 2020/11/17

開業医56.6%、検査・診療医療機関「指定受けない」 2020/11/15

医師7割、自費PCR陽性なら「検査施設が保健所連絡を」 2020/11/10

マイナンバーで患者に傷病名公開、医師62%が消極的 2020/11/3

医師4割、複数勤務先の時間外上限「年1860時間より短縮を」 2020/10/27

研修医「一般的疾患の症例減」「ファーストタッチ禁止」◆vol.2 2020/10/21

医師の4割「研修医教育に支障」新型コロナで◆vol.1 2020/10/20

日本学術会議の任命見送り、医師の賛否分かれる 2020/10/17

初期研修先「大学病院勧める」は医師30.9%にとどまる 2020/10/13

自殺報道、医師の約7割が「配慮されていない」 2020/10/10

医師の51%「21年五輪は延期・中止を」、39%「開催可能」 2020/10/6

HPVワクチン、医師の約6割が9価ワクチンも定期接種に追加すべきと回答 2020/10/4

オンライン初診の恒久化の是非、医師の意見は拮抗 2020/9/29

新しい菅政権、医師の半数以上が「期待」 2020/9/28

「発熱者はかかりつけ医に電話」医師の54.2%賛成 2020/9/23

医師の44.8%、インフルワクチンの希望者殺到と予想 2020/9/14

「地域枠」、2022年度からの従事要件に「適切だ」54.0% 2020/9/14

医師の7割弱「2類相当措置の見直し必要」 2020/9/8

医師の半数超「8月は外出、会食を控えている」 2020/9/2