m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|埼玉県立病院...>独法化の最大の眼目は医師の確保 ー 岩中督・埼玉県病院事業管理者に聞く◆Vol.2

独法化の最大の眼目は医師の確保 ー 岩中督・埼玉県病院事業管理者に聞く◆Vol.2

年俸制の導入で優れた医師の確保につなげたい

2020年11月17日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


【岩中督・埼玉県病院事業管理者に聞く】(2020年10月30日にインタビュー)Vol.1専門医資格取得に着目して医師の年俸決定、独法化を機にVol.2独法化の最大の眼目は医師の確保Vol.3医師の給与「頑張ったら報われる」体系に――2020年2月の埼玉県議会で「地方独立行政法人埼玉県立病院機構定款」が議決されました。そもそもなぜ地方独立行政法人を目指すのでしょうか。埼玉県立病院の場合、一般とは異なり、経営効率化のために独法化するのではありません。人口当たりの医師数が全国最下位の埼玉県の医療に必要...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事