m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|一介の外科医...>「教授を目指す」が一番自然な目標に?-志賀隆・国際医療福祉大学医学部救急医学教室教授◆Vol.3

「教授を目指す」が一番自然な目標に?-志賀隆・国際医療福祉大学医学部救急医学教室教授◆Vol.3

教授選考の評価ポイント「人を集める力」

2020年11月29日 聞き手・まとめ:高橋直純(m3.com編集部)


中山:ちょっと変わった角度から先生にお話をさせてください。僕は医局にも入らず、日本でのみ外科医をやってきた14年目の医師です。専門医などは大体全部取りました。手術は最先端の手術も含めてだいたいできるようなりましたが、今後の自分の医者としてのキャリアをどうしたらいいのかなと悩んでいます。現在は地方の私立病院で一般外科をやっており、臨床研究も活発にできるようになってきました。いろいろ考え出すと、志賀先生のように教授を目指すというのは一つの道なのかなと。志賀:祐次郎先生の追っ掛け(笑)をしていると、最...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

一介の外科医、憧れの人に会いに行く:中山祐次郎・対談企画に関する記事(一覧

臨床現場では「がん」情報を伝える時間が全く足りない-若尾文彦・国立がん研究センターがん対策... 2021/1/10

日本にがんに関する公的な情報は「ない」?-若尾文彦・国立がん研究センターがん対策情報センタ... 2021/1/3

私が教授職を目指すというのは妥当なのか?-志賀隆・国際医療福祉大学医学部救急医学教室教授◆... 2020/12/13

「嫉妬」が原動力で大学教授に-志賀隆・国際医療福祉大学医学部救急医学教室教授◆Vol.4 2020/12/6

「教授を目指す」が一番自然な目標に?-志賀隆・国際医療福祉大学医学部救急医学教室教授◆Vo... 2020/11/29

採用面接「国を変える男を育ててみたくないか」-志賀隆・国際医療福祉大学医学部救急医学教室教... 2020/11/22

全米最高峰の病院で救急医として働くための努力-志賀隆・国際医療福祉大学医学部救急医学教室教... 2020/11/15

外科医をしているから子育てができないのではない-とーこ@腹外科田舎医◆Vol.5 2020/9/20

外科医をしながら「お手伝いではないレベルで」家事育児をしたい-とーこ@腹外科田舎医◆Vol... 2020/9/6

これからの女性外科医「スーパーウーマンでなくてもできる」-とーこ@腹外科田舎医◆Vol.3 2020/8/30

医師夫婦でも男性側の勤務調整ができない医局はある-とーこ@腹外科田舎医◆Vol.2 2020/8/23

外科医志望の女子学生は「分かっていない」?-とーこ@腹外科田舎医◆Vol.1 2020/8/16

感染症領域の風通しの良さ、羨ましくもある-忽那賢志・NCGM国際感染症センター国際感染症対... 2020/8/2

日本初の感染症を診断した経緯-忽那賢志・NCGM国際感染症センター国際感染症対策室医長◆V... 2020/7/26

コロナ騒動での「本当にうれしい出来事」とは?-忽那賢志・NCGM国際感染症センター国際感染... 2020/7/19

新型コロナ「正直、全然読めなかった」-忽那賢志・NCGM国際感染症センター国際感染症対策室... 2020/7/12

「身を焦がすような競争、最後には勝つことへの渇望」-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校... 2020/5/31

『最高のがん治療』という本を書いた理由-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳神経外科助... 2020/5/24

米国の大学「圧倒的に雑務が少ない」というメリット-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳... 2020/5/17

米国の医学研究、MDがない臨床教授も-大須賀覚・米アラバマ大学バーミンガム校脳神経外科助教... 2020/5/10