m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>【高知】急性期病院のヒト・モノ・スキルを在宅領域へ 褥瘡対策を地域へ広げる‐中川宏治・高知赤十字病院形成外科部長に聞く◆Vol.1

【高知】急性期病院のヒト・モノ・スキルを在宅領域へ 褥瘡対策を地域へ広げる‐中川宏治・高知赤十字病院形成外科部長に聞く◆Vol.1

2020年11月13日 m3.com地域版


2020年9月現在、高知県の高齢化率は35%を超え、医療・介護のニーズは増加し続けている。在宅領域で過ごす高齢者の中には、褥瘡対策が行き届かず、創の悪化が進む実態がある。急性期病院での専門的創傷治療を地域へと広げるために、週1回の訪問診療に取り組んでいる高知赤十字病院形成外科部長の中川宏治氏に聞いた。(2020年9月29日インタビュー、計2回連載の1回目)▼第2回はこちら――まず、高知赤十字病院の概要について教えてください。前身の日本赤十字社高知県支部療院の開院が1928年です。以来、総合病院・...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

【静岡県】COVID-19患者受入のための空床補償に205億4100万円2021年度予算案 2021/2/26

【東京】療養型病院の役割を果たすためのオンライン面会-小森將史・まちだ丘の上病院院長らに聞... 2021/2/26

【大阪】血液内科部長を辞し、血液内科専門クリニックを開業した理由‐太田健介・LIGARE血... 2021/2/26

【鹿児島県】COVID-19医療提供体制の確保、感染拡大防止対策に283億2000万円20... 2021/2/26

【神奈川県】東京オリンピック関連感染症対策に21億7484万円2021年度予算案 2021/2/26

【広島県】オンライン診療システム導入医療機関に補助金2021年度予算案 2021/2/26

【岡山県】COVID-19対策に359億円2021年度予算案 2021/2/26

【佐賀県】COVID-19対応医療提供体制強化に113億6900万円2021年度予算案 2021/2/26

【沖縄県】COVID-19受入病床確保に51億4994万円2021年度予算案 2021/2/26

【大分県】COVID-19感染拡大防止対策事業として194億4728万円2021年度予算案 2021/2/26

【千葉】「医師の思考過程が想像できるようになる」特定行為研修のメリット‐高橋弥生・聖隷佐倉... 2021/2/26

【福岡】近未来小説で勤務医として感じた医療崩壊の危機感を描く-西村章子・天神山クリニック院... 2021/2/26

【愛知】看護サマリー統一や直通ダイヤル開設で6病院間の看護連携を推進‐井上里恵・愛知医科大... 2021/2/26

【富山】緊急避妊薬の処方は性教育やDV対策と連動し、予期せぬ妊娠を防ぐべき‐種部恭子・富山... 2021/2/26

【山形】置賜総合病院を核とする都市開発「メディカルタウン事業」とは-色摩良一・川西町政策推... 2021/2/26

【熊本】整形外科や眼科と連携し、肝炎ウイルスをPCR検査で見つけ出す‐田中靖人・熊本大学病... 2021/2/26

【茨城】草食系耳鼻科医が教える、今日からできる漢方薬処方の方法とは-星野朝文・ほしの耳鼻咽... 2021/2/26

【三重】看護師が綴った手紙と写真が患者家族に大好評‐中井久太夫・大台厚生病院院長に聞く◆V... 2021/2/26

【島根】COVID-19患者自身がシーツ交換、看護師が買物代行と持ちつ持たれつ‐大谷順・雲... 2021/2/26

【兵庫】「患者第一」だからファミリー経営でもうまくいく‐上田大介・母と子の上田病院院長に聞... 2021/2/26