m3.com トップ>医療維新>医師調査|研修医が受け...>新型コロナで自己研鑽の機会が減少、研修医の77%◆Vol.3

新型コロナで自己研鑽の機会が減少、研修医の77%◆Vol.3

「患者にお願いしてエコー等練習」の工夫も

2020年11月18日 星野桃代(m3.com編集部)


Q.例年と比べ、院内・院外勉強会や学会などの自己研鑽の機会に変化はありましたか。「自己研鑽の機会が減った」と答えたのは研修医合計の77.6%と多数を占めた。初期研修医では80.2%、後期研修医では73.7%だった。Q.COVID-19流行を受け、研修のキャッチアップのために始めた工夫や心がけがあれば教えてください。初期研修医・院内感染拡大に伴って病棟や救急外来の業務が減少した分、意識的に自習の時間を取った。オンライン開催の学会にも参加した。・実臨床で学べない分、座学の量を増やそうと自習時間と教科...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事