m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>医師の勝訴確定「国の精神保健指定医の指定取消処分は違法」

医師の勝訴確定「国の精神保健指定医の指定取消処分は違法」

最高裁が国の上告受理申立て不受理、医師「名誉回復と補償を」

2020年11月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


精神保健指定医の指定取消処分が違法であるとして国を提訴した裁判で、最高裁は10月30日、国の上告受理申立てを受理せず、国の違法を認めた東京高裁判決が確定した。国を訴えた精神科医、田沼龍太郎氏が11月16日に都内で記者会見し、明らかにした。10月30日付で、指定取消処分が遡及的に取り消されたことになる。田沼氏は11月13日に田村憲久厚労相宛てに、その旨を明示、公表して同氏の名誉回復に努めるとともに、適切な補償を行う要望書を提出した。田沼氏は会見で「この4年余りの間は指定医として従事できなくなっただ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事