m3.com トップ>医療維新>オピニオン|佐々江龍一郎...>「地図」より「航海」を~ 医学教育に携わる方々へ

「地図」より「航海」を~ 医学教育に携わる方々へ

臨床推論力を磨くには実践が不可欠

2020年11月21日 佐々江龍一郎(NTT東日本関東病院総合診療科医長兼国際室室長代理)


「総合診療は難しいんですよね」そうもらしたのは私の科に回ってきたばかりのある初期研修医でした。理由は総合診療では一から問診をする臨床推論が多く、体系的に鑑別疾患を挙げていく作業のハードルが高いとのことでした。この溝を埋めるため、私たち総合診療科では去年から初期研修医が外来患者を診る際に、プリセプティングを導入しました。初期研修医が患者を問診、身体診察、上級医にプレゼンを通して鑑別疾患を述べさせ、ディスカッション形式で一緒に検査や治療を考えていく教育方式です。しかし驚いたのは、日本は優秀な初期研修...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事