m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|在宅医療クリ...>卒後5年目、へき地の国保診療所の所長に◆Vol.2

卒後5年目、へき地の国保診療所の所長に◆Vol.2

医学生時代「地域医療か、障がい児医療か悩む」

2020年11月30日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


【在宅医療クリニックの先駆者「ゆうの森」20周年】Vol.1「たんぽぽ先生」、在宅医療専門で20年Vol.2卒後5年目、へき地の国保診療所の所長にVol.32000年に在宅専門クリニック開業Vol.4「理念×システム×人財」が在宅必須3要素Vol.5なんでも相談室、「全国各地から相談あり」Vol.6閉院危機の診療所、4カ月で黒字化Vol.7「九転び十起き」の20年、たんぽぽの「種」は各地に――先生は医学部時代、地域医療と障がい児医療の2つの進路を考えていたとお聞きしました。僕は愛媛大学の医学部時...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事