m3.com トップ>医療維新>オピニオン|弁護士が解説...>最高裁による初めての「医行為」解釈と該当性基準の定立

最高裁による初めての「医行為」解釈と該当性基準の定立

医師以外の者によるタトゥー施術が医師法に違反せず

2020年12月6日 中野丈(スプリング法律事務所)


【質問】彫り師によるタトゥー施術が医師法違反に問われた事件に関し、「医行為」の解釈等について最高裁による初めての判断がなされたと知りました。どのような判断がなされたのでしょうか。今後、医療業界において、どのような影響が出ることが考えられるでしょうか。【解説】1.事案の概要と経緯2020年9月16日、最高裁が「医行為」の定義と該当性判断基準について、初めて判断を示しました。問題となった事案は、医師でない者がタトゥー施術を行っていたことが医師法に違反するものとして起訴された刑事事件ですが、最高裁の判...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事