m3.com トップ>医療維新>レポート|正念場のHP...>HPVワクチン「ガーダシル」、男性にも適応拡大へ

HPVワクチン「ガーダシル」、男性にも適応拡大へ

効能に肛門がんおよび前駆病変を追加

2020年12月5日 星野桃代(m3.com編集部)


厚生労働省は12月4日、薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開き、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を予防する4価ワクチン「ガーダシル」を、9歳以上の男性にも適応拡大することを了承した。早ければ12月中にも薬事承認される見通しだ。承認後は、接種後に重篤な副反応が起こった場合に公的補償制度を利用できるようになる。製造販売承認の一部変更に伴い、ワクチンの効能・効果には「肛門がん(扁平上皮がん)およびその前駆病変(肛門上皮内腫瘍(AIN)1、2および3)」が追加された。ガーダシルは既に世界131...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

正念場のHPVワクチンに関する記事(一覧

積極的勧奨再開、宣言して終わりではいけない-大阪大産婦人科研究チームに聞く◆Vol.2 2021/1/29

HPVワクチンの個別通知、実施状況を2021年度に調査へ 2021/1/28

子宮頸がん死亡4000人増「接種中止の結末示したかった」-大阪大産婦人科研究チームに聞く◆... 2021/1/21

富山のHPVワクチン接種率6%超、全市町村で個別通知 2020/12/22

HPVワクチン「ガーダシル」、男性にも適応拡大へ 2020/12/5

HPVワクチン「国民の理解が得られていない」田村厚労相 2020/9/18

HPVワクチン積極的勧奨再開目指し「国民の命を守る会」参加へ 2020/9/15

「HPVワクチンの不安払拭へ」産婦人科医・小児科医らがプロジェクト 2020/9/1

HPVワクチン積極的接種勧奨差し控え、6000人弱の超過死亡 2020/2/12

HPVワクチン報道の名誉毀損裁判、上告受理申立てへ 2019/10/30

HPVワクチン記事の名誉毀損裁判、弁論1回で控訴審終結 2019/8/28

参院選立候補者、HPVワクチンの勧奨再開「反対」が半数 2019/7/19

HPVワクチン接種の積極的勧奨再開、産婦人科医会が厚労省要望 2019/7/10

HPVワクチン積極的接種勧奨差し控えから6年、「早期再開を」 2019/6/13

HPVワクチン記事の名誉毀損裁判、村中氏が控訴 2019/4/10

HPVワクチン報道の名誉毀損裁判、村中氏が敗訴 2019/3/26

HPVワクチン、副反応疑い報告の傾向に変化なし 2018/11/26

「HPVワクチンで救えるはずの命」、今後50年で2万人超に 2018/10/14

日医と医学会、10月にHPVワクチンで公開フォーラム 2018/9/19

HPVワクチン名誉毀損訴訟、「記事に間違いなし」「研究に捏造なし」 2018/8/1