m3.com トップ>医療維新>医師調査|2020年の...>2021年、新型コロナ「収束」予測は2割にとどまる◆Vol.7

2021年、新型コロナ「収束」予測は2割にとどまる◆Vol.7

「2020年と同程度」が4割弱で最多、医療界「悪化」も4割超

2021年1月10日 小川洋輔(m3.com編集部)


Q2021年、新型コロナウイルス感染症は日本国内、世界でそれぞれ収束に向かうと思いますか?(n=3025)2021年も医療界を左右するとみられる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染動向の予測を尋ねたところ、国内、世界ともに、「2020年と同じ程度の流行の波が続く」との回答が4割近くを占め、最多だった。「収束に向かう」は国内で22.4%、世界で21.1%にとどまった。一般社会や株式市場にはワクチンの普及に期待を寄せる向きもあるが、医師の中では厳しい見立てが大半だった。Q2021年の医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事